風水とは

風水とは?

最近は、風水について 日本でも随分理解されるようになってきたと思います。

少し前までは、風水とは、単なる占いの一種だと思っていた人も多かったのではないでしょうか?

最近メディアでも よく取り上げられるようになり、風水に対しての理解も深まってきたように感じます。


そもそも風水というのは、中国の漢の時代から伝わる 読んで字のごとく「風」と「水」の環境学で、自然界の流れを知り、悪い気を避けて良い気を探すことを目的とする環境開運学です。

以下は、有名な郭璞(かくはく)の著した「葬書」の一説です。 

「気は風に乗ずれば散じ、水に界てられれば即ち止まる。
故人はこれをあつめて散ぜしめず、これを行いて止めるあり。
ゆえに、この術を風と水、すなわち風水という。」

この「葬書」の一説が風水の語源です。

「風」とは、目に見えない気の流れやエネルギーの流れのことでもあるし、また、実際に体で感じることができる空気の流れのことでもあります。

「水」とは、空中に含まれる水分をはじめ、自然界全体の水のことをいいます。


風水の本質は、「風」をあやつり「気」の流れを用いることにより、運気を上げるというものです。


当時の漢は、厳しい気候と黄河の氾濫などがあり、多くの死傷者を出すほどでした。
それで、快適な家造りのために、様々な観測データを元にノウハウが確立してきました。
その、長年のデータと知恵の集大成が「風水」なのです。

こうしてできた風水は、王都を建設するため 最良の土地を見つけるための皇帝が学ぶ学問でしたが、いつしか庶民の間にも広まり、中国の諸国では 生活と密着したなくてはならない学問になりました。


風水は、誰にでもできる、身の回りのことからお金をかけずにできる学問です。

このサイトは、こういった風水学を、 わかりやすく紹介していきたいと思います。

私も、まだ勉強中なので、みなさんと一緒に,楽しく学んでいけたらと思います。

そして、風水を正しく上手に取り入れて 豊かで幸せな生活を送りましょう。

スポンサードリンク