方位の取り方 

風水では「方位」がすべての基本です。

方位とは、家の中心から見た方角のことです。
方位を出すためには、まず家の中心を求めなければなりません。

正方形や長方形の家なら対角線の交点が中心となります。
ベランダや出窓などは入れません。

L字型や、凹凸が多い家の場合は、厚手の紙に家の平面図を書き、切り抜きます。
それを、鉛筆などの先の尖ったものの上に載せてバランスを取ります。
ちょうど、バランスがとれた場所が、家の中心となります。

次に方位磁石を使って、正確に方位を割り出します。
実際の北と、地図上の北とは6度ずれています。磁石の指す方で割り出してください。

方位は北、北東、東、南東、南、南西、北、北西の八方位で表しますが、
北、東、南、西は30度、北東、南東、南西、北西は60度の幅になります。

ひとつの部屋が複数の方位にまたがった場合は、それぞれの方位のエネルギーを受けますが、面積の占める割合が一番大きい方位の影響を、一番強く受けます。

優先するもの
・キッチン・・シンクやレンジ
・トイレ・・・・便器
・浴室・・・・・バスタブ
・寝室・・・・・ベッド

 

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク