四柱推命とは

四柱推命(しちゅうすいめい)とは、生年・月・日・時を四本の柱とし、そこから導き出される様々な星の組み合わせにより運勢を推察するという占術であり、占術学ともいわれています。

四柱推命は、生年・月・日・時から天干(=十干)と地支(=十二支)を割り出し、8文字に現れる陰陽五行を元にして人の運命を予測しています。

陰陽五行とは、古代中国で発生した哲学思想で、大自然にある全ての物は 陰と陽の二つの属性にわけることができるというものです。

大自然は、五行である 木、火、金、土、水を通じて変化を繰り返しています。
人間も同じように 生まれた瞬間に、宇宙、大自然の気運を受けて、一人一人違った陰陽五行的なコードが与えられます。

この組み合わせは、非常に難解で、大運も含め約150万通りの命式があります。なので、一生かかっても到達できない学問だとも言われています。

しかし、これを分析することによって、生まれ持った運命的な気運を推理できまるそうです。

 

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク