四柱推命について

四柱推命を上手に利用して幸福な生活を送りましょう

四柱推命は、生まれた生年月日と時間の組み合わせから、人の運命(将来)を予想することができます。

あくまでも、その人自身を占うものなので、宝くじなどが当たるかとか、これからの国の経済などを占ったりすることはできないのです。

四柱推命では、その人の生年・月・日・時間をみて、その人が向いている職業や適性、または性格や体質、健康などあらゆることに関して、現在のことだけではなく、過去や将来のことまで知ることができるので、死亡する可能性がある時期さえも、知ることも出来るといわれています。

なんだか怖い気がしますが、逆に考えると、将来起きるかもしれない出来事を前もって知る事ができると、それに向けての心の準備などがもできます。

また、風水をうまく利用して、運が低迷している時は行動を気をつけ、プラスになる風水に基づいた行動をするようにし、運が向上しているときにはそのよい運に乗るような行動をすれば、どういう時期も うまく乗り切ることができると思います。

 

生年月日での干支によって時柱、日柱、月柱、年柱の柱で判断して占うので四柱推命と言われているのです。

 

干支とは十二支の子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥と十干の甲乙丙丁戊己庚辛壬癸で成立しており、陰陽五行で運命を占っていきます。

 

五行というのは、色々な物事の基礎部分だと考えられています。

 

四柱推命(しちゅうすいめい)とは、生年・月・日・時を四本の柱とし、そこから導き出される様々な星の組み合わせにより運勢を推察するという占術であり、占術学ともいわれています。

四柱推命は、生年・月・日・時から天干(=十干)と地支(=十二支)を割り出し、8文字に現れる陰陽五行を元にして人の運命を予測しています。

陰陽五行とは、古代中国で発生した哲学思想で、大自然にある全ての物は 陰と陽の二つの属性にわけることができるというものです。

大自然は、五行である 木、火、金、土、水を通じて変化を繰り返しています。
人間も同じように 生まれた瞬間に、宇宙、大自然の気運を受けて、一人一人違った陰陽五行的なコードが与えられます。

この組み合わせは、非常に難解で、大運も含め約150万通りの命式があります。なので、一生かかっても到達できない学問だとも言われています。

しかし、これを分析することによって、生まれ持った運命的な気運を推理できまるそうです。

スポンサードリンク