仕事運UPの方法

会社や仕事についての悩みがつきない方
ビジネス風水を取り入れて、運気も景気もUPさせましょう。

●ヒットを出したいときは、プラスティック製品をデスクの左に置く

 ヒット商品を生み出すためにはひらめきやアイデアに関係のある「火」の気を利用しましょう。
赤か紫のペットボトル(中身は飲まないでOK)やプラスチック製のものを パソコンの左に置いてみましょう。

 
●商談を有利に進めたい時はクリスタルのお守りを。

クリスタルは、自分の力を引き出してくれる助けをしてくれるので、クリスタルをお守りとして持っているといいでしょう。

パスタ・そば・うどんなどの麺類や トマトなどの赤い食品を食べると勝負運がアップします。
他社とのコンペなど勝負事の前に食べるといいでしょう。
 

●トラブルが続く時は運がいい人にあやかる

外から帰ってきたら手洗いをし、悪い気を払いましょう。

運が悪い時は、最近ツイている人と飲みに行きましょう。
そうすることによって、運をおすそ分けしてもらうことができます。
分けてもらうこと。また、
 

●人間関係を改善したい時は掃除を

ホコリやゴミなどをためると人間関係に支障をきたします。
まずは机の上を拭くことから始めてみましょう。

イジメを受けている時は、その人のデスクに向けてサボテンを置きましょう。
近寄ってこなくなります。


●オフィスを浄化して健康に。

朝一に、窓を開けて空気をの入れ替えをしましょう。
お財布に領収書やレシートを溜めないようにしましょう。
バッグに 同じものを入れっぱなしにしないようにしましょう。
炭は、浄化作用が強いので、炭でできた小物などをデスクに置きましょう。

たまった気を循環させると、仕事運がUPします。
気を循環させることで、仕事に動きが出て、商談もまとまりやすくなります。

●位の高い人は北西に
位の高い人が北西につくとお金を生みます。
机は南向きにしましょう。

商談をする応接セットは、椅子が南北に向くようにしましょう。

●北に高いものを置く
本棚などの背の高いものを北に置きましょう。
なるべく天井とのすき間が少なくしましょう。


●鬼門に空気清浄機
鬼門に当たる北東は、陰の気がたまりやすいので、空気清浄機を置きましょう。

シュレッダーはトラブルを引き起こす気を持っています。
シュレッダーを使用したら、空気清浄機で悪い気を一掃しましょう。


●南西から良い気を取り込む
西は金運、南は仕事運、その間の南西は社交運を司る方位です。
会社の入り口には、この方角がチャンスを広げるということでふさわしいでしょう。
入り口付近に不要なものや古いものを置いておくと、せっかく入って来た気を殺してしまうので、そういうものは 置かないようにしましょう。


●入り口には背の高いものを置く
気は高いところから低いところへ流れます。
なので、入り口には背の高いものを置き、良い気をたくさん取り込みましょう。
プランターを利用するのもいいでしょう。


●カウンターで悪い気をシャットアウト
外から入ってくる気は、良い気もあれば、悪い気もあります。
それで、悪い気が入ってこないように、ドアの正面にカウンターをもってきたり、ついたてを置いたりしましょう。

●部屋の中心は空けない
フロアの中心が空いていると業績が上がりにくいので、背が高く、動きにくいものを置きましょう。
植物なら どっしりとして 存在感があるものがいいでしょう。


●南には何も置かない
南は、火の気を象徴し、火は太陽を象徴します。
南からエネルギーに満ちた気がたっぷり流れ込んでくるので、邪魔しないように、南には、何も置かないようにしましょう。


●通信・情報機器は東に
東は木の気を持つ方角です。木は通信や情報の象徴なので、多種多様な情報を取り入れやすくするために、東にファックスやプリンターなど通信機器や情報を取り出すものを置きましょう。
テレビは東南の角に置くと仕事運がUPします。
 

●玄関は北向きに
北から入り、南に向かう気のエネルギーは高いので、玄関は北にあるのが好ましいです。
仕事運UPのためには、ビルの玄関は北に、フロアの入り口は西南というのが理想的です。


●トイレは同じ部屋にないこと
トイレはドアを隔てた廊下の向こう側にあるのがいいです。
北東や南西の悪い方角とされてる方位にあるのが好ましいです。
トイレは、汚れていると陰の気がたまりやすいので、常に清潔にしましょう。

ビジネスでのいろんな悩みを解決するには、

デスクまわりの気を調整しましょう。

個人の仕事運を左右するのがデスクまわりです。

仕事の能率や成績や人間関係にも影響を及ぼします。

以下のことに気をつけ、仕事運をUPさあせましょう。


●電話は東南

東南は、通信や人間関係を象徴する方位です。
電話(携帯)を東南に置くと、会話がスムーズになり、吉報もたくさん入ります。

●仕事に関するものは左半分に置く

東は、情報や通信を象徴する方位で、物事を活性化させる力もある方位です。
書類などを積み重ねると、停滞につながるので、書類などは立てて収納しましょう。

●ゴミはこまめに捨てる

ゴミをためてると、気を滞らせてしまいます。
ゴミ箱にゴミをためないようにしましょう。

●刃物は出しっぱなしにしない

ハサミやカッターなど刃物は「サツ」といって、攻撃的な空気を作り出します。
引き出しにしまうか、刃を下にしてペン立てに立てましょう。

●仕事の変わり目には机を拭く

机を拭くことによって、新しい運気を取り込むことができます。

●パソコンの壁紙にも要注意

パソコンは、通信、情報を司る「木」の気を持っています。
有益な情報を収集には、「水」の気を持つ川や海、龍などの壁紙にしましょう。
いろんなアイデアを生み出すには、「木」の気を持つ森林などの壁紙にしましょう。

さらさらと乾いた砂漠の壁紙にすると、お金もさらさらと流れ出てしまいますので、避けましょう。

●アイコンは10個以下に

パソコンのデスクトップの画面の半分以上までアイコンやフォルダーがあると、情報がせき止められてしまいます。
アイコンなどは10個以下にしましょう。

勉強運や仕事運を上げるのに 絶対気をつけないといけないことがあります。

それは、机の位置です。

まずは、その人の吉方に机があることが大前提ですが、
そのことは、また別のところで書くことにします。

今回は、机に向かって座っている人の背中についてです。

後ろから 人の気配を感じたことはありませんか?

そんな時は、気になって気になって 物事に集中できませんよね?


つまり、背中の後ろが問題なのです。

背中の後ろの空間が無防備では 集中できません。

特に 背中の真後ろにドアがあるなんて、風水学的には最悪です。

窓もしかりです。


できれば、背中の後ろは壁などがいいのですが、
部屋のレイアウトで、後ろが壁というのは難しいかもしれません。

それで、背中の後ろの方向に、気が散らないように、
大きな観葉植物や、本棚などを置いたりするのもいいと思います。

背中側が窓だったら、カーテンを閉めて勉強や仕事をしましょう。

スポンサードリンク